合宿免許を申し込むなら、混む時期と空いている時期のどっちがお得なの?

混雑

実は、合宿免許には混む時期と空いている時期があるのをご存じですか。もし、合宿免許に参加するならどっちがいい?どっちがお得?と悩んでしまいませんか。

実は、混む時期は「繁忙期」と呼ばれ、すいている時期は「閑散期」と呼ばれています。

繁忙期は、大学生が夏休みになる7月、8月、9月ぐらいの時期となります。

また、春休みにあたる2月、3月も繁忙期となっています。この時期は、教習所が混むことが多いので、できれば避けた方がスムーズに免許を取れるでしょう。

特に、教習所がすいている時期は、5月や6月、10月、11月になります。こうした閑散期は、教習にかかる費用が普段よりも安くなるといったメリットがあります。

教習車を予約する人も少なく、費用も安くてすむというふうに閑散期での合宿免許を選ぶ方がメリットが多いのではないでしょうか。

繁忙期であれば、教習所がたくさんの若者たちで混み合い、合宿免許の予約もすぐに満員になります。ですから、もし繁忙期に免許を取ろうと思っているなら、早めの予約を心がけましょう。

教習所にしてみれば、費用が高くても人がやってくる繁忙期に来てくれた方が儲かるのかもしれません。でも、賢く考えてリーズナブルな費用で免許を取りたいなら、やはり閑散期に申し込む方がいいでしょう。

春休みと夏休みは、特に合宿免許を申し込む人たちが増えます。特に、春休みは高校生たちがそれぞれの進路を決めて免許を取るために教習所にやってくる3月の時期がピークです。

また、高校を卒業した時期に免許を取っていない大学生たちも春休みの時期に集中してやってきます。大学生の場合、夏休みの時期も長いので8月の教習所には多くやってきます。

つまり、もっとも繁忙期となるのは3月と8月なのですね。費用の方も、3月と8月がもっとも高くなる時期です。

費用がリーズナブルになるのは、4月~6月、10月~1月ぐらいの時期ですから、できればそうした時期に合宿免許を申し込むのがいいかもしれません。


「免許合宿に一人で行くときの不安を解消」TOPに戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ